院長   山口 義孝

               (やまぐち よしたか)

 

職業   頭痛治療家

 

生年月日 10月24日

 

血液型  B型

 

性格   ムードメーカー

     明るく前向き

     最後までやり抜く!!

 


 

 

私が頭痛治療家になった理由

 

 私は、人と話すことがとても好きで、仕事も人と接することの多い接客業をして参りました。

 

人が喜んだり楽しんだりするのを見ていることが好きで、やってて良かったなとやりがいを感じておりましたが、長く接客業をやってきた自分が人の為に何か出来ないかといつしか考え始めるようになりました。

 

どうせやるんだったら、辛く苦しんでいる人を癒したり楽にしてあげたいと思い、揉みほぐしのお店「Re・Ra・Ku」に入社しました。

 

入社して間も無くは、研修で学んだ技術を思い出しながら、お客様に失礼のないよう細心の注意をはらい施術しておりましたので、お客様と楽しく会話できるまでかなり時間が掛かりました。

 

経験を積んでからは、お客様にお疲れの箇所を聞かなくても、筋肉の張りや硬さが分かるようになりお客様に満足していただける施術が出来るようになり、自信も付いてきました。

 

お客様の中には、自分の施術が良かったと口コミを書いていただいたり、「気持ちよかったよ。上手いね。」など満足していただき、常連となっていただいた方もおりました。

 

そんな中、楽しく会話をしながら施術をしていると、「体はほぐれたんだけど頭痛が治らなくてねー。」と、日々の悩みを多く聞くようになりました。

 

「あちこち病院には行ってるけど、原因が分からなくてお医者様にはストレスでしょうと言われ、処方してもらった頭痛薬でなんとか抑えてるんだよね。」楽しく会話していたお客様からこんな苦労話を聞くなんて、全く想像できませんでした。

 

その話を聞いてから、担当させていただくお客様で首や肩が辛い方のほとんどに「頭痛しますか?」と聞くようにしてみました。

 

その結果なんと、3人に1人もの方が頭痛持ちだという事実が!!

 

 

 

これにはとても驚きました。症状は様々ですが、一番多かったのが仕事で疲れた時にする偏頭痛でした。現代人は、日常で非常に多くのストレスを受け、その逃し場所がなくストレスを溜め続けて頭痛になるんだなと、お客様とお話をしながら思いました。

 

自分の仕事はお客様のお疲れの場所をほぐすことで、そこにプライドもやりがいもありました。

 

ただ、頭痛のお客様を施術する度に自分の無力さも感じるようになりました。

 

そんな事を考える日々が続いたある日、頭痛ってそもそもどうして起こるんだろうと調べてみたら、頭部の病気・ストレス・姿勢・疲労・お酒を飲んだ際の血管の拡張・気圧の変化などで起こると書いてありました。

 

そして、頭痛を持っている人は全国で約3000万人と書いてありました。

 

日本人の人口の約4人に1人が頭痛を持っている、または頭痛を経験したことがあるとのことでした。

 

なるほど、お店に来店したお客様で頭痛の方が多いのも納得です。

 

Re・Ra・Kuで頑張っていた頃

 

「日だまりショット」との出会い

 

頭痛をどうやって治したら良いのだろうと検索していたら、薬を使わず指だけで治す「日だまりショット」という記事に目が止まりました。

 

何度も病院へ行って検査しても異常なしと言われ、出された痛み止めの薬を飲むだけの辛い日々を送っている人が、この日だまりショットを受けて明るい人生になった。長年飲み続けいていた頭痛薬も飲まなくなった

 

という内容のものでした。正直、思わず笑ってしまいました。医者に診てもらっても原因が分からない、治療法もない頭痛を、指だけで治してしまうなんてあり得ないと思いました。しかも、頭痛の原因がたった数十秒で 分かり、たった10分程で治療が終わり頭痛がなくなっていくなんて。初めは信じられませんでした。

 

自分は、休日を使って日比塾無料体験会に参加し、本当かどうか確かめに行きました。

 

当日、寝不足もあってか軽い頭痛がしており、体験会の中で実際に施術を受けるとのことでしたので、ちょうど良いと思い受けてみました。

 

そしたらなんと、指で後頭部をタッチしてもらっただけで頭痛がスーッと消えていったのです。たった、10分の施術ですよ。

 

これには驚きました。半信半疑で来てみましたが、確信に変わった瞬間でした

 

自分は、なんの迷いもなくその場で日比塾に入塾を希望しました。そして、24歳の頃から18年間務めていた物流会社を退職しました。

 

病院へ行っても脳の病気ではないからと、痛み止めの薬を渡され、仕方なく飲み続けているそんな重症な患者さんを、1人でも多く救っていこうと心に誓いました。

 

そして、頭痛改善のための専門技術を学び日々勉強を重ね独自の治療法を確立しました

 

「整体」とは、体を整えると書きます。

頭痛さえ良くなればそれで本当に良いのでしょうか?

 

 

私たちは、「どうやって生きたら本当に幸せなのか」を常に追い求めています。

 

 

体の表面的な痛みや、歪みを取っていくのと同時に、

自分の中にある本当の問題と向き合って、自分らしく生きていく。

 

それが本当の意味での「整体」だと、日比塾で教わりました。

 

 

 

ここへ来て良かった。長年苦しんできた頭痛が嘘のように治った。明るい人生を歩めた。そんな患者さんの言葉を頂けるような人間になりたいです。

 

あなたがもし、辛い頭痛で悩んでいるのなら、私のところへ来てください。

 

柏ぼぬーる整体院

院長 山口 義孝